男の人と女の人

結婚式に必要な振袖はレンタルで手配しよう

一生に一度のドレス選び

新郎新婦

ウェディングドレスはレンタルにする女性が多いです。ドレス選びは時間がかかりますので、予約の日は余裕を持ったスケジュールにしましょう。カメラで撮影OKの場合は、試着したドレスを写真に撮っておくことがお勧めです。ご両親や姉妹に見せればアドバイスがもらえるかもしれません。

もっと読む

結婚への第一歩

男の人と女の人

結婚するまでには、お互いに関係する様々なイベントがあります。婚約指輪はプロポーズの際に男性から女性に贈られる指輪です。ダイヤモンドが使われることが多く、平均相場は33万円程とされています。

もっと読む

幸せのシンボル

指輪

人と違うお洒落な婚約指輪をお探しの方にはハワイアンジュエリーがお勧めです。ハワイアンジュエリーは、デザインごとにモチーフがあるので、その意味を知ることで、愛着が増します。ハワイアンジュエリーを検討すれば、きっと素敵な指輪が見つかると思います。

もっと読む

晴れ着は貸衣装で

新郎新婦

和装で貸衣装利用なら

結婚式に招かれた際に振袖を着用することはメジャーですが、振袖ならではの注意したいポイントもあります。まず結婚式が日本式の和婚だった場合、当然ながら花嫁も和服となります。その際に花嫁の衣装と色が被ることは避けたいことです。あくまで主役は花嫁と花婿なので、ゲストは主役たちよりも目立たないことが基本です。またメイクやヘアスタイルも、結婚式が和装ならばそれに合わせてゲストも和装用にする必要があり、普段通りだったり洋装のものにしてしまうと、浮いてしまう場合もあります。そして振袖ゆえに袖が長いため、ぶつかったり汚したりしてしまう可能性があります。とくにレンタルの場合は汚してしまうとクリーニング代も請求される可能性もあるので、袖には注意しましょう。ちなみにレンタルの場合はキャンセル料やアフターサービスなどもお店によってまちまちなため、事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

和装ならではのポイント

振袖はそう着る機会もありませんし、結婚式に招待されたなら、ぜひとも着用したいところです。ところで振袖は未婚の若い女性が着用するといったイメージですが、基本的に年齢制限があるわけではなく、最近では未婚であれば年齢に関係なく着用するケースも増えています。また訪問着ならば、未婚や既婚といったものは関係ないため、悩まずに着用可能です。そして着物を持っていないならば、そのためだけに購入するよりはやはりレンタルの方が便利です。基本的に当日のみのレンタルとなるため、長期間レンタルする必要もなく、二次会の際には動きにくいためにドレスに着替えるといったパターンもあるので、さほどコストといった面ではかからずに済みます。またレンタルの場合は受け渡しも郵送や自宅まで届けてくれるサービスを実施しているお店もあるので、そういったサービスを利用するのも便利です。